ボットと偽ユーザーが
第57回スーパーボウルの
オンラインエンゲージメントに与えた衝撃

アメリカンフットボールの一大イベントに招かれざる客がやってきてしまった理由を、ホワイトペーパーで確認しましょう。

世界中で1万5000社超のお客様に利用されています

jp_report_superbowl_lvii_cover

ボットによるインプレッションは364億回に到達

jp_report_superbowl_lvii_cover

CHEQ がスーパーボウル開催日の2023年2月12日に導入企業のWeb サイトを訪問した7170万件のトラフィックを調査したところ、有料および無料の流入元経由のトラフィックの11%がボットや偽ユーザーによるものであることが判明しました。スーパーボウル関連のコンテンツに対する3310億回のインプレッションにこの割合を掛け合わせると、ボットや偽ユーザーによるインプレッションは364億回に達すると推定できます。特に米国発のトラフィックに関しては、不正トラフィック率は17.7%とさらに高くなっています。

内容を一部紹介

jp_report_superbowl_lvii_02
jp_report_superbowl_lvii_03
jp_report_superbowl_lvii_04