Go-to-Market セキュリティ | CHEQ

Go-to-Market
セキュリティとは

世界中の一流企業がファネルやキャンペーン、データ分析を保護するために、GTM セキュリティを導入している理由

不正トラフィックに
よる Go-to-Market
戦略の妨害

ビジネス成功のため、ファネルの透明性、データの正確さ、トラフィックの質、ターゲティングの的確さ、スマートキャンペーンの最適化は欠かせません。ボットネット、スクレーパー、クローラー、クリックファーム、オートメーションツール等の不正トラフィックによるファネルへの流入は、Go-to-Market 戦略全体に影響を及ぼします。

データ分析や
ファネルのリスク

Go-to-Market 戦略の汚染は、日々の業務及び Go-to-Market 部門全体に影響を与えます。例えば、ビジネスインテリジェンス(BI)システムの歪みは、正確な意思決定を困難にします。また、Web サイトの指標の歪みは、コンバージョン施策を妨害します。更に、偽ユーザーによる顧客管理システム(CRM)への流入は、ボットによるキャンペーン予算の浪費や、オーディエンスセグメントの汚染につながります。

"サイバー犯罪集団は攻撃のための技術を向上させており、世界中でデジタルマーケティングや E コマースに携わる企業の収益を低下させています。"
リオール・フレンケル氏 イスラエルサイバーフォーラム会長

マーケティングに影響を与える不正トラフィックの種類

大半の不正トラフィックは悪意のあるユーザーによるものですが、不正トラフィックによるマーケティングファネルへの流入は、悪意の有無に関わらず、ビジネスに多大な影響を与えます。

クリックファーム

不正クリックと不正操作のために雇われた低賃金労働者

プロキシ

身元や位置情報を隠しているユーザー

オートメーションツール

ブラウジング、スクレイピング、サインアップ等を自動化するツール

ボットネット

高度なサイバー攻撃のために構築されたボットの悪意あるネットワーク

クローラー

Web サイト上のコンテンツの収集、保存、カタログ化、インデックス作成を目的としたボット

フラウド実行者

チャージバック、クレジット詐欺などを行う悪意ある人物

Go-to-Market セキュリティで不正トラフィックからビジネスを保護するには

  • 不正トラフィックや不正挙動によるビジネスインテリジェンス(BI)の歪みを防ぎ、正確なデータを実現
  • Web サイトからボットを取り除き、顧客管理システム(CRM)や顧客データプラットフォーム(CDP)、ファネルの汚染を予防
  • ペイドマーケティングのキャンペーンやオーディエンスセグメントから不正ユーザーを除外

Go-to-Market セキュリティ関連記事

6億円のUber広告フラウド訴訟から学ぶ10カ条の教訓

CMOとマーケターのためのサイバーセキュリティ

アフィリエイト詐欺:アフィリエイトマーケティングの闇について

不正トラフィックに影響されない
Go-to-Market セキュリティを
始めませんか?

無料診断