不正トラフィックによるマーケティングへの影響 | CHEQ

不正トラフィックによる
マーケティングへの影響

本調査では、流入元、業界、地域、デバイス及び脅威の種類ごとの不正トラフィック率と外部の指標を基に、
不正トラフィックがマーケティングや営業業務、経営判断にもたらす影響の範囲を計算しました。
詳細をホワイトペーパーにてご確認ください。

JP_Marketing_Cover_Report

重要性が拡大する
マーケティング向け
セキュリティ

JP_Marketing_Cover_Report

デジタルマーケティングを
不正トラフィックから保護しませんか?

あらゆるビジネス上の意思決定がデータに基づいて行われる世界で、私たちはマーケティングやビジネスインテリジェンス(BI)のソフトウェア、分析ツール、そしてデータの専門家に多額な投資をしています。今まで、不正トラフィックは、IT チームやセキュリティチームにとっての懸念事項でした。 しかし近年、不正トラフィックはマーケティングや Go-to-Market 戦略へ影響を与える、企業全体にとっての課題であるという認識が浸透し始めています。

ボットや偽ユーザーなどが引き起こす不正トラフィックは、デジタルマーケティングによる顧客獲得を妨害しています。マーケティング向けセキュリティへの需要の高まりに応じて、本調査では不正トラフィックがマーケティングにもたらす影響について、調査・分析しています。

内容を一部紹介

JP_Marketing_04
JP_Marketing_05
JP_Marketing_06
JP_Marketing_07
JP_Marketing_08
JP_Marketing_09
JP_Marketing_10
JP_Marketing_11
JP_Marketing_12
JP_Marketing_13

拡大を続ける
ボットや偽ユーザー

不正トラフィックは全 Web アクセスの
40%を占めています。

オーディエンスデータや顧客管理システム(CRM)の汚染、データやビジネスインテリジェンス(BI)の歪み、不正リードや不正ユーザーによるマーケティングファネルへの侵入は、マーケティング効果を低下させ、ビジネス全体に影響を与えています。デジタルマーケティングにおける不正トラフィック対策の重要性は、日々拡大しています。

60%
40%