SEO をボットや偽ユーザーが 失敗させる3つの理由 | CHEQ

CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

不正トラフィックは、SEO やクリック課金型(PPC)広告等の検索エンジンマーケティングの成果を低下させています。

私たちはフェイクウェブの時代に生きています。インターネットの大部分は、悪意のあるスクレイパー、スパムボット、疑わしい人間のユーザー等によって占められており、企業がデータ漏洩の被害にあったり、顧客情報が流出したり、サーバーがハッキングされたたなどのニュースが毎日のように報道されています。

従来、これらのサイバー攻撃から自社システムを守るのは、セキュリティ責任者や IT 部門の役割だと思われていました。しかし近年、ボットや偽のユーザーは、検索エンジンマーケティングに関する取り組みにも被害を与えていることが明らかになってきました。不正トラフィックが Web サイトに流入すると、インターネット上のブランドの評判に悪影響を与え、SEO や PPC 広告によるマーケティングや、キャンペーンの成果を著しく低下させる可能性があります。この記事では、ボットや偽ユーザーが SEO に影響を与える3つの理由について説明します。

 

1.ページランクへのペナルティー

悪意あるスクレイパーは、頻繁に特定の Web サイトにアクセスし、データやコンテンツを抽出して別のサイトで使用します。そのため、スクレイパーの Web サイト内の移動は、人間の典型的な行動よりも不規則に見えます。ボットは、ページからページへと遷移し、様々なモジュールを素早くクリックし、探していた情報を手に入れたらすぐにサイトから離脱する傾向があります。このような行動の性質上、オートメーションツールは、一般的なユーザーよりも直帰率が高く、各ページにおける滞在時間が短くなります。さらに、スクレイパーの最終目的は、別のサイトにコンテンツやデータを複製することであることが多いため、検索エンジンに、元のコンテンツが実は複製されたコンテンツであると誤解させてしまうこともあります。ボットによる行為が、Web サイトにおけるユーザーの行動の一部であると見なされると、ページランクが下がり、SEO が計画通りに進みません。

 

2. Web サイトの表示速度の低下

また、ボットや偽ユーザーは Web サイトの表示速度へも大きな影響を与えます。悪意のあるボットが Web サイトにアクセスすると、短時間に大量のリクエストを送付してサーバーを重くしてしまいます。このような場合、Web サイトに負荷がかかるため、正当なユーザーにとってサイトが使いにくくなります。サイトの速度が遅いと、検索結果ページで上位にランクインしにくくなり、SEO における重要な指標に悪影響が出てしまいます。また、検索順位が下がると、潜在顧客がサイトを見つけることが難しくなり、競合他社に顧客を奪われてしまいます。

 

3. キーワード戦略の精度低下

SEO や PPC では、新しい取り組みやキャンペーンを開始する前に、キーワード調査を実施します。しかし、ボットや悪意ある人間のユーザーによるペイドリンクやオーガニックリンクの大量クリックは、どのキーワードが実際に費用対効果が高いのかを不明確にします。例えば、あるキーワードのクリック率が高いことは、一般的にポジティブな指標と見なされますが、そのクリックの多くが悪意あるユーザーによるものである場合、そのキーワードをマーケティングで使用することは避け流べきでしょう。悪意あるトラフィックは、マーケティング戦略の精度を低下させ、サイトに質の高いトラフィックを呼び込むことを困難にします。

不正トラフィックが多発する時代に効果的なマーケティング活動を行うことは容易ではありません。しかし、幸いなことに、多くの企業が悪意あるトラフィックへの対策を始めています。Go-to-Market セキュリティの導入により、不正トラフィックによるリスクを軽減し、マーケターが本来の業務に集中できるようにしましょう。

 

元の記事:3 ways bots and fake users are killing your search efforts (Search Engine Land)