現代のデジタル社会では、悪意のあるボットが横行しており、これまで以上にボットからの保護が不可欠となっています。このような悪意のあるボットは至る所に存在し、セキュリティやプライバシー、ビジネスのオンラインにおける信頼性や評判を絶えず脅かしているのです。

2023 年現在、完全にオフラインのみで運営できているビジネスはほとんどありません。地方の農家でさえもインスタグラムのアカウントを持っているのが実情です。

このようなデジタル化された環境で安全を確保するには、ボットがビジネスに与える被害について理解する必要があります。

ボットはウェブサイトのコンテンツを盗用したり、ビジネスと顧客の機密情報を収集したり、また、広告を妨害することで、企業はオンラインでの評判を著しく低下させます。

リソースを保護し、効果的なデジタルプレゼンスを維持するためには、ボットからの保護が不可欠です。本記事では、そのようなボットの概要と見分け方、対策について説明いたします。

ボットとは?

ボットとは、人間の行動を模倣するソフトウェアの総称です。ボットは人間が行うあらゆることを、高速かつ大規模に実行することができます。

例えば、ボットはウェブサイトをスキャンし、一瞬で情報を収集することができます。一方で人間が手動で行う場合、フィルタリングや特定の情報セットの収集に少なくとも数時間、多い場合には数日かかります。

この高効率の背景には、アルゴリズムと事前に定義されたルールの組み合わせがあります。これらのルールが羅針盤のように機能し、ユーザー入力を分析して適切な応答を生成できるのです。

ボットには、カスタマーサポートの支援やウェブコンテンツのインデックス作成など人々の役に立つものから、データ窃取などの悪意のあるものまで、目的に応じた様々な種類が存在しています。

ボットの危険性

「ボットは危険なのか」というのはよくある疑問ですが、これに「はい」「いいえ」と一概に答えるのは難しい問題です。

検索エンジンのクローラーやチャットボットなど、様々な有用なボットが存在する一方で、悪意のあるボットも存在しています。こうしたボットは大きな被害を引き起こす可能性があります。

つまり、ボットが危険かどうかは、そのボットの目的や使用方法によって異なります。ボットは利用目的と使用方法によって、有用なツールにも、危険なツールにもなり得るのです。

ボットの目的

ボットはインターネットの初期から存在しており、生活を便利にするツールとして利用されてきました。

最も古いインターネットボットは、1988 年に登場したインターネットリレーチャット(IRC)の自動応答システムに遡ります。こうした初期のボットは、非アクティブによるサーバーの自動停止を防ぐなどの自動サービスを提供していました。

ボットが使われ始めた最初の目的は、役立つタスクを自動的に完了することでした。プロセスを自動化し、日々時間と労力を要する反復作業を処理するために生み出されたのです。

しかし残念ながら、詐欺目的のボットが作成されるまでに時間はかからりませんでした。

インターネット利用が拡大するにつれ、悪意のあるボットがデジタル空間を支配するようになりました。現在、オンライントラフィックの約 47.7 %がボットによる(英文)もので、そのうち約 39 %が悪意のあるボットだと言われています。これらは企業に損害を与え、自身の金銭的利益を優先するよう設計されています。

悪意のあるボットが引き起こす被害を考えると、ビジネスにとってボットからの保護は欠かせません。次に、「有益なボット」と「悪意のあるボット」が行う代表的なタスクを見ていきましょう。

有益なボット

有用なボットは、オンライン上で様々な実務的な作業を遂行します。それらは反復的で複雑な処理を代行し、人間がより重要な業務に注力できるよう支援します。つまり有用なボットとは、特定の機能を備えたデジタルアシスタントのような存在です。

例えば、さまざまなプラットフォームの広告指標を調べ上げ、それらのデータを統合したレポートを作成する場合、レポーティングツールのボットなら数秒で完了させられます。また、手作業とは異なり、ミスを犯すリスクがありません。

ビジネスを効率的に運営するうえで有用なボットが処理可能な代表的な業務は下記のようなものが挙げられます。

サイト監視:監視ボットがウェブサイトの正常性を追跡します。応答時間やページ読み込み速度などで問題が発生すると、アラート送信や自動対処を行います。

Web スキャンとインデックス作成:ウェブスパイダーやクローラーと呼ばれるボットが、ウェブページを体系的に探索し、インデックスを作成します。検索エンジンがこれを利用して、ウェブサイトとコンテンツを検出可能にしています。

カスタマーサポート:チャットボットが顧客と対話し、支援を提供しています。製品情報提供、取引処理、トラブルシューティングなどを行い、顧客満足度が向上します。

マーケティング自動化:マーケティングボットが、さまざまなマーケティング業務とプロセスを自動化します。ソーシャルメディア投稿、リード管理、キャンペーン監視などの反復作業を代行します。

データ分析:大量データを処理し、定型レポートを生成するなど、データ分析を支援します。貴重な洞察やデータビジュアライゼーションを提供します。

悪意のあるボット

悪意のあるボットとは、さまざまな不正や迷惑行為を行うことで、オンラインプレゼンスやウェブサイト訪問者に損害を与えるために作られた悪質なプログラムのことです。

例えば、スパムメッセージの送信、機密データの窃取、オンライ広告の改ざんなどを行うケースがあります。また、詐欺目的で広告費から不正に利益を得る「クリック詐欺」に利用されることもあります。

こうしたボットは通常、サイバー犯罪者や詐欺師、違法活動に関与する個人によって開発されています。時には競合他社でさえ、ビジネスを妨害する目的で悪意のあるボットが利用されることがあります。

残念ながら、悪意のあるボットは日々進化を遂げ、人間になりすまして実際のユーザーをだまし、検知が困難になっています。

悪意のあるボットがビジネスに与える典型的な被害は下記のようなものが挙げられます。

ウェブスクレイピング:ハッカーがウェブサイトをクロールしてコンテンツを丸ごとコピーすることで、ウェブコンテンツを盗むことができます。また、そのデータを利用して、偽サイトや詐欺サイトを作成し、訪問者を騙すこともあります。

スパムとフィッシング:スパムやフィッシング攻撃の一環として、大量の迷惑メールやコメントを生成して送信します。それらには多くの場合、詐欺的なリンクや要求が含まれています。

アカウントの乗っ取り:クレデンシャルスタッフィング攻撃を行い、取得したログイン情報を使い、複数サイトで組織的に不正ログインを試み、ユーザーアカウントの不正利用を行います。

DDoS 攻撃:Web サイトやサーバーに対する分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を実行します。多数のボットを使い、対象のウェブサイトやサービスに大量の不正アクセスを行い、サービス停止を招くことができます。

クリック詐欺:オンライン広告上の詐欺的なクリック(英文)を行います。これによりクリックスルー率(CTR)を不正に高め、広告予算を浪費させます。この行為は通常、競合他社を妨害したり、広告ネットワークから利益を得るために採用されています。

価格と在庫の操作:EC サイトからの価格のスクレイピングを行います。スクレイピングを行った価格や在庫情報を解析することで、動的に価格を調整したり、消費者を騙したり競合他社に不利益を与えることができます。

悪意のあるボットがビジネスに与える影響について詳しくはこちらの記事(英文)を参照してください。

悪意のあるボットからの自社を守る必要性

悪意のあるボットがデジタル世界を支配する現状において、その有害な活動から自社を守ることは、ビジネスのセキュリティ確保にとって不可欠です。それがサイバー犯罪者や詐欺師であろうが、あるいは競合他社によって作られたものであろうとも、悪意のあるボットは様々な問題を引き起こす可能性があります。

その被害として、売上の大幅な減少、広告効果の低下、顧客ロイヤルティの低下、ブランド毀損などが考えられ、多額の財務的損失や法的費用、罰金、評判へのダメージを被ることがあります。

ボット対策に積極的に取り組むことで、これらの問題を回避できます。これらのボットの脅威に対策を講じることで、潜在的な損失を防ぎ、オンラインプレゼンスの回復力を強化きるのです。

悪意のあるボット対策のポイント

ボットからの保護とビジネスの安全確保には、継続的な取り組みが欠かせません。この脅威への効果的な対応には、総合的なアプローチが必要で、万能な解決策はありません。

しかしながら、悪意のあるボットに関するリスクを最小限に抑えるいくつかのステップは存在します。ここからは、悪意のあるボット対策のための推奨事項を見ていきましょう。

脆弱性の理解:セキュリティを継続評価・強化し、脅威の性質を理解することが重要です。弱点を認識することで、脅威を回避する明確な計画立案がしやすくなります。

検出、分類、制御:ボットトラフィックの検出には、Google Analytics の定期的な監視が有効です。異常なパターンを発見できれば、ボットトラフィックの可能性があります。

次にトラフィックの種類を分類する必要があります。検索エンジンボットなどの有益なボットにはアクセスを許可しますが、既知の悪意のあるボットや意図が不明確なボットはブロックする必要があります。

ボット保護ソリューションの検討:ボット対策は企業にとって終わりなき戦いです。ボット攻撃の初期段階では、手動での対応が可能でしたが、進化するボットを個人で防ぐことは困難です。日々高度になるボットに対して、手作業による防御は焼け石に水でほとんど意味がなく、CHEQ Essentials(英文)のようなボット防御ソリューションを検討する必要があります。完璧な保護にはこうしたソリューションが不可欠なのです。

ボット対策ソリューションのどう安全性を担保するか

ボット対策ソリューションは、悪意のあるボットによる被害を防ぐことでオンラインビジネスを守るために設計されています。

これらのソリューションは、トラフィックパターンを分析しボット活動を検知するための高度な機械学習アルゴリズムや、人間の行動を模倣するボットを見分ける行動分析技術を利用しています。

悪意のあるボットの典型パターンを特定することで、実際のユーザーと悪意のあるボットを効果的に区別し、ウェブサイトや広告へのアクセス前にボットトラフィックを遮断することができます。これによってオンラインプレゼンスの安全性と評判を確保できるのです。

CHEQ Essentials は、PPC 保護とウェブサイトのボット軽減というマルチレイヤー防御を提供しています。マーケティング予算の最大活用と共に、キャンペーンを守り、サイトへの悪意のあるボットからのアクセスを遮断できます。

ボット保護をまだ始めていない方は、こちらの無料トライアルから始めてみましょう。

最新の記事

Block invalid traffic with CHEQ Essentials