マーケティングにおけるセキュリティの重要性 | CHEQ

CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

マーケティングにおけるセキュリティが重要になってきた理由

例えば、5 年前にマーケターにセキュリティ戦略について質問した場合、困惑した回答が返ってきたかもしれません。「ボットやプロキシ、データセンター経由のトラフィック?セキュリティについてはセキュリティ部門が対応しています。」

しかし、現在、マーケティングにおけるセキュリティ戦略の導入は拡大しつつあります。不正トラフィックや自動化された悪意のある不正トラフィックは、マーケティングの効率や収益を低下させ、ビジネスの成功を妨げる要因と見なされています。

 

マーケティングの効率を低下させる
Web サイト上の不正トラフィックは27%

CHEQ による最近の調査では、1万2000社のお客様の Web サイト上の全てのトラフィックのうち、27%が不正トラフィックであることが判明しました。この中には、ボットネット、データセンター、オートメーションツール、スクレイパー、クローラー、プロキシ、クリックファーム、フラウド実行者が含まれています。不正トラフィックの影響は拡大しており、マーケティングに様々な影響を与えています。つい最近では、アメリカンフットボールの優勝決定戦であるスーパーボウルで、ボットや偽ユーザーにより170億回の広告表示が行われました。また、大規模なセールが実施されるブラックフライデーでは、オンライン買い物客の3分の1が偽ユーザーであることが判明しました。さらに、アフィリエイトマーケティングでは年間1400億円がフラウドにより失われています。イーロン・ムスク氏は先日、ボットが Twitter を占拠しているのではないかという懸念を表明しており、Spotify もボット問題に直面してることが報道されています。不正トラフィックはインターネット上に広がっており、キャンペーンやファネルに流入し、データ分析や収益に影響を与えています。 

 

ペイドマーケティングへのセキュリティ導入は
偽ユーザーによる大規模な不正クリックへの対策に有効

クリック詐欺は、ペイドキャンペーンによるユーザー獲得を目指しているマーケターにとって、大きな課題の 1 つとなっています。ボットや、クリックファーム、競合他社による、広告予算の不正クリックは、キャンペーンの効果を著しく低下させています。多くの広告主は、毎月数千件、もしくは数万件もの不正クリックに直面しており、膨大な広告費用が浪費されていることに悩まされています。こうした不正クリックは、無駄な支出の原因になっているだけではなく、実際の潜在顧客に投資できた可能性のある予算の損失にも直結しています。最近の調査によると、不正トラフィックによる機会損失は年間4兆2000 億円に上っています。

 

偽ユーザーのデータ流入による被害

ペイドマーケティングでは多くの場合、スマートキャンペーンやオーディエンスセグメントにより、以前に製品やサービスに関心を示したユーザーをグループ化したり、こうしたユーザーに類似した属性のユーザーを管理したりしています。こうした機能は、市場を拡大したり、新しい潜在顧客にリーチしたりする上で有用です。しかし、ボットや偽ユーザーは、こうした機能の活用をも妨げています。悪意のある人間のユーザーやボット等の不正トラフィックがオーディエンスデータに流入すると、不正確なリターゲティングが実行され、キャンペーンが不正トラフィックに向けて実施されてしまいます。マーケティングにセキュリティ対策が導入されていない場合、オーディエンスデータにボットが流入し続けることで、広告主側で設定したキャンペーンの配信先グループと実際の潜在顧客のグループの実態がかけ離れたものになってしまう可能性があります。不正トラフィックからオーディエンスセグメントを保護するため、マーケティングにおけるセキュリティ対策は不可欠です。

 

不正トラフィックによるリードの質の低下

低品質のインバウンドリードは、全てのマーケターの悩みの種です。こうした不正リードは、偽のアカウントや偽のメールアドレスに紐づいている場合があります。また、情報が正しそうに見える場合でも、リード情報を調査すると、企業名や特定の人物に紐づいていない場合があります。このような状況では、リードを獲得した後にフォローアップする営業チームの時間を無駄にしますし、コンバージョンにつながらない不正リードほど、営業とマーケティングの関係をギクシャクさせるものはありません。不正なフォーム入力や営業パイプラインの汚染を防止し、トラフィックの質を向上させることはマーケティングセキュリティ導入による目的のひとつです。

 

マーケティングにおけるボット対策は
データ品質の確保のためにも不可欠

不正トラフィックによる被害は、広告予算の浪費、キャンペーン効果の低下、オーディエンスデータの汚染、偽リードのファネルへの流入にとどまりません。マーケティングセキュリティにおける最大の課題は、データ品質の確保です。高価なビジネスインテリジェンス(BI)、データ分析やレポート作成のためのツール、アナリストのチーム、カスタマーデータプラットフォーム(CDP)やデータマネジメントプラットフォーム(DMP)等、企業は、データの管理や利用に多大なエネルギー、時間、労力、リソース及び資金を投資しています。適切なデータの利用は、ランディングページやオーディエンス、ターゲティングを適切に運用し、予算やチャネルを効果的に活用し、精度の高い成長戦略や収益予測を実現するために不可欠です。しかし、ファネル内に27%もの不正トラフィックが流入している場合、こうしたデータが全て歪められ、あらゆる意思決定が不正確になってしまいます。ボットや偽ユーザーを可視化し、ファネルの透明性を確保することは、現代のマーケティングにおける最優先課題と言っても過言ではありません。

 

セキュリティ対策を導入して
マーケティングを成功させましょう

上記のような脅威に適切に対処するために、マーケティングセキュリティを導入することは、結果的に予算のより効率的な投資、リードの質の向上、収益の拡大につながります。マーケティングにおける各カテゴリの効率を向上することは、健全でクリーンで可視性の高いファネルの実現につながります。マーケティングセキュリティが急速に業界標準になってきた昨今、「貴社のマーケティングにおけるセキュリティ戦略は何ですか?」という質問に対して、困惑するマーケターは、もうあまりいないかもしれません。

 

※1米ドル=100円にて換算

元の記事:You still don’t have marketing security? How fighting bots and fake users became the modern marketer’s top priority.