拡大を続けるアフィリエイトマーケティングについて9カ国からのレポート | CHEQ

CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

対象国:米国、日本、ドイツ、オーストラリア、英国、フランス、カナダ、インド、ブラジル

CHEQとボルチモア大学の研究によると、アフィリエイトマーケティング業界の規模は拡大を続けており、2020年には世界で1.5兆円の規模があると推定されます 。

今回の調査対象である米国、日本、ドイツ、オーストラリア、英国、フランス、カナダ、インド、ブラジルでは、アフィリエイトマーケティングの拡大は概ね好意的に見られているものの、調査の結果、世界中のマーケティング費用のうち1400億円がアフィリエイト詐欺によって失われていることが明らかになりました。

これは、アフィリエイトマーケティングの闇と呼ばれるものです。 悪質なアフィリエイト詐欺師は、トラッキングやアトリビューションの欠点を悪用して、成果報酬を不当に請求し、デジタル広告の評価基準やオンライン広告キャンペーンに悪影響を与えます。

当記事では2020年時点での9カ国におけるアフィリエイトマーケティングの状況について、概要をまとめます。

レポート全文(英語版、PDFファイル):Affiliate Marketing Fraud 2020

米国:6800億円

米国は最大級のアフィリエイトマーケティングを誇り、市場規模は6800億円です。アマゾンアソシエイツやeBay等の主要アフィリエイトネットワークがあります。Amazonにおける月25億件ものアクセス数のうち6%がアフィリエイトによるものだといいます。

アフィリエイトプログラムで成功すると、多額の報酬を得ることが可能です。著名なアフィリエイターとしては、1ヶ月で1000万円以上を稼いだSmart Passive Incomeのパット・フリン氏や、毎年1000万円以上を稼いでいるザック・ジョンソン氏などがいます。スポーツギャンブル業界では、パルール・シャバージアン氏は、2020年度に2億円のアフィリエイト売上を見込んでいます。

また、アフィリエイトサイトであるThe Wirecutterは、推定10億円の収益を上げ、2016年に30億円でニューヨーク・タイムズに売却されました

日本:3300億円

日本では毎年3300億円がアフィリエイトマーケティングに投資され、国内市場は年間15%成長しています。日本の人口は約1億2600万人で、インターネットの普及率は 91%と高くなっています。

アクセレーションパートナーズ社のアカウントマネージャーである坪井恵子氏は次のように述べています。「アジア太平洋地域は、アメリカやヨーロッパに比べてアフィリエイト・マーケティングの導入が遅れていましたが、ブランドやパートナーは成果報酬型モデルを急速に受け入れており、欧米のブランドにとってはエキサイティングなビジネス拡大のチャンスとなっています。」

ドイツ:1340億円

ドイツは世界で5番目に大きな消費者市場であり、ブランドはパートナーシップの力を利用しています。ドイツ小売業連盟(HDE) は、携帯サイト経由の売上向上がドイツのアフィリエイトマーケティングの成長に不可欠であると説明しています。

オーストラリア:930億円

オーストラリアでは、930億円がアフィリエイトマーケティングに投資されており、これは同国の年間デジタルマーケティング支出額である9300億円の10%にあたります。 IAB オーストラリアがマーケター70人を対象に行った調査によると、アフィリエイトマーケティングを行っている99%のブランド広告主がコストパーアクション(CPM、行動毎の課金)を使用していました。

また、コストパークリック(CPC、クリック毎の課金)の利用率は19%、コストパーリード(CPL、リード毎のコスト)は16%、コストパーミル(CPM、表示回数 1,000 回あたりの単価)は14%となっており、半数以上のマーケターが、アフィリエイトにより20%以上の新規顧客を獲得していると回答しました。

英国:634億円

英国では、2019年度634億円が アフィリエイトマーケティング プログラムに投資されましたIAB UKによると、小売部門や電話会社部門が、総売上高のそれぞれ43%と24%を占め、次に旅行とレジャー(16%)と金融(11%)が続きます。価格比較サイトが最も一般的なアフィリエイト媒体です。

フランス:522億円

フランスではデジタルマーケティング支出の約9%がアフィリエイトプログラムに投資されています。業界としては保険及び銀行がアフィリエイトを多用しており、アフィリエイト市場に二桁台の成長をもたらしています。

インフォプロ・デジタル社の ギヨーム・ジェリス氏は「他国と比較すると、フランスのアフィリエイトマーケティングには、さらなる投資と成長の可能性がまだたくさんある」と分析します。

カナダ:118億円

2004年からアフィリエイト及びパフォーマンス マーケティングの業界に身を置くサラ・バンディ氏は「米国市場は小売業やマーケティング企業による活発なマーケティング活動により、やや飽和状態となり、報酬が極限まで削られています。カナダは、米国を拠点とするアフィリエイトマーケティング プログラムにとって、次の大きなチャンスです」と言います。 これは、カナダを拠点とする配信会社・アフィリエイター・小売業にとって、素晴らしい事業機会となっています。

インド:96億円

インドにおいて、フリップカートは Amazonよりも大きなオンライン小売業者であり、アフィリエイトプログラムにも多額の投資を行っています。 フリップカートのアフィリエイトマーケティング コミッションは、製品価格の1%〜15%の範囲です。

アフィリエイト広告の代理店であるアドミタッド・インドのカントリーマネージャーであるネハ・クルワル氏は、 次のように述べています。「インドのEコマース業界では、旅行・観光業界がアフィリエイトマーケティングをいち早く導入しています。クーポンやキャッシュバックを利用したアフィリエイト キャンペーンは、早期予約キャンペーンのため、以前から幅広く利用されてきました。また、価格比較は、ハイシーズンに見込み客を惹きつけるために人気の手法です。」

ブラジル:33億円

アフィリエイトマーケティングは、国内年間3300億円のデジタル広告支出のうち、わずかなシェアを占めています。

2008年にブラジルのアフィリエイトエージェンシーであるアフィリオ社を設立したジュリアン・トゥリ氏は、次のように述べています。「ブラジルには2億人の人口がおり、約1億〜1億2千万人がコンピューターからインターネットを使用しています。スマートフォンの利用者がすでに5,000〜6,000万人に達しており、毎年40〜50%の割合で増加しています。3年後には、この地域のインターネットユーザー数は大幅に増加しているでしょう。特に携帯電話のデータプランには補助金が出るようになり、より多くの人々が携帯電話からインターネットを利用するようになっています。」

CHEQ Paradomeは、アフィリエイト詐欺を含む不正クリックからWeb広告を守ります。Google、Facebook、Instagram、Twitter、Bing、Pinterest等の主要なPPCチャネルで不正クリックをブロックする唯一のソリューションであるCHEQ Paradomeで、不正トラフィックに影響されないデジタルマーケティングを今すぐ始めませんか? 貴社サイトにおける不正トラフィックの影響を把握するための無料診断を今すぐご依頼ください。

原文:The global growth of affiliate marketing in 9 countries

1米ドル=100円にて換算