偽サイトによる脅威:リード獲得詐欺とは | CHEQ

CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

定義:

リード獲得詐欺は、ボット等のオートメーションツールが顧客管理システム(CRM)に流入することにより発生します。営業パイプラインを汚染しようとしている競合他社や、偽リードでコミッションを水増ししようとしているアフィリエイター等、オートメーションツールがマーケティングキャンペーンや Web サイトに流入しようとする理由は多岐に渡ります。

 

注目情報:

マーケターの61%が、リード獲得を最大の課題としてランク付けしています。(出典:Hubspot

マーケターの53%が、予算の少なくとも半分をリード獲得のために投資しています。 (出典:BrightTALK

結果として、多くの企業がリード獲得詐欺への予防策を求めています。

 

リード獲得詐欺による影響:

リード獲得詐欺の目的は、CRM のデータベースと営業パイプラインを汚染し、マーケティングやビジネスの運営を妨害することです。

リード獲得詐欺を実行するため、ボットやオートメーションツールは偽の情報や盗み出した情報を、フォームに入力して、企業の Web サイトにアクセスします。結果として、マーケティングチームと営業チームは、実際の潜在顧客ではなく、偽リードに対してフォローアップをしようとします。本物のリードをコンバージョンにつなげるという、ただでさえ難しい業務に、偽のリードに対応するという作業まで追加されてしまうのです。

さらに、リード獲得詐欺は、企業をセキュリティリスクにさらす可能性もあります。例えば、偽リードが E メール経由でチームとやり取りを行うと、マルウェアの注入やフィッシング攻撃のリスクが非常に高くなってしまいます。

詳細については、 こちらのページをご確認ください。

 

元の記事:Threats From the Fake Web: What is Lead-Gen Fraud?