CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

CMOとマーケターのためのサイバーセキュリティ

一流のマーケティング組織がカスタマー アクイジション セキュリティを導入している理由

サイバーセキュリティは、これまで高度に技術的で特殊な用途にのみ利用される近寄りがたい業界と見なされてきました。ITチーム はサイバーセキュリティ技術により、重大な情報漏えい、ハッキング、またはデータ侵害への対策を行ってきましたが、組織内の他の部署は、通常サイバーセキュリティへ関わらないようにする傾向がありました。

しかしこのような傾向は、ビジネスにおける様々な目標の達成を阻みます。サイバーセキュリティが全ての部署で適切に扱われていない場合、時間やリソースの誤用に繋がり、最悪の場合、売上フローの混乱や機会損失が起こり、不正ユーザーに不要な莫大の予算を投資してしまうことになります。

このような状況を防ぐため、一流のマーケターはカスタマー アクイジション ファネルを保護するためのサイバーセキュリティ対策を導入しています。ボットや偽のユーザーによる広告やその他のWebキャンペーンのクリックや閲覧は、売り上げにつながる可能性のある正当なユーザーに向けたい広告予算を無駄遣いしています。インターネットの約40%を占めている不正ユーザーは、貴社のサイトにも侵入する可能性があり、サイバーセキュリティ対策を行っていないサイトのデータ分析を歪めてしまいます。これらの不正ユーザーは実際のユーザーを装ってはいるものの、実際には悪意を持っていたり、ロボットであったり、またプロキシなどの仲介ツールによって身元を隠していたりします。

不正トラフィックによるマーケティングへの悪影響は、収益に繋がる新規顧客の獲得を非常に困難にしています。デジタルマーケティング分野にサイバーセキュリティを導入することで、どのような効果が見込めるのか、データ&アナリティクス、マーケティング、事業開発の3チームを例に上げて説明いたします。

サイバーセキュリティを導入する利点

データ&アナリティクス チームの場合

データ&アナリティクス チームは、正確で実用的なデータの提供により、経営陣が正確な意思決定を行えるようにすることを目指しています。しかし多くのビジネスインテリジェンス(以下BI)ツールは、不正トラフィックを見落としたり、実際のサイト訪問者として誤って識別したりする傾向があります。このような状況は、重要な経営判断が不正トラフィックに影響された不正確なデータに基づいて行われてしまう事態を招きます。

ダイレクトトラフィックの約37%は不正であったり、偽のユーザーやボットで構成されていたりするため、不正ユーザーが除外されていないと、オーディエンスの大半が利益に繋がらないユーザーに占有されてしまいます。Webサイトが期待通りの成果を上げないため、経営陣によるビジネス戦略の変更も検討されるかもしれません。しかし、不正ユーザーを排除してしまえば、ビジネス戦略の調整は不要であり、経営陣の貴重な時間やリソースの無駄遣いを避けられる可能性があります。

マーケティング チームの場合

マーケティング チームによる見込み客やオーディエンスに向けたキャンペーンは、キャンペーンを操作するユーザーを対象に最適化されます。この最適化過程において、不正トラフィックは少なくとも2点の大きな問題を引き起こします。

まず第一に、オーディエンスがボットや偽のユーザーで汚染されていると、正当な見込み客ではないユーザーがターゲットとされてしまい、キャンペーンの精度が低下します。第二に、これらの不正ユーザーがWbサイトを操作すると、プラットフォームが不正ユーザーに対してキャンペーンを最適化し、予算が適切に利用されなくなってしまいます。

これらのリスクを軽減するため、各キャンペーンの開始時にサイバーセキュリティを適用しましょう。問題の発生を高確率で事前に防ぐことができ、仮に問題が起きてしまっても、不正トラフィックへ適切に対応するための調整ができます。

事業開発チームの場合

事業開発チームは、Webサイトの問い合わせフォーム経由等で、サービスに関心を示した見込み客との交流を日々行っています。ただし、フォームからの問い合わせや、デモのリクエストは、不正ユーザーがマーケティングファネルに入り込むために使われてしまう可能性もあります。

CMOや事業開発責任者によるチームの効率向上のための尽力にも関わらず、ボットや偽のユーザーへの対応に追われていると、チームの生産性や成果は低下してしまいます。サイバーセキュリティにより、チームが不正ユーザーへの対応ではなく、収益に結びつく実際のユーザーにのみ時間を投資することができるようになると、コンバージョンや営業フローの質の向上、更には収益の増加が見込めます。

上記の3チームは全てカスタマー アクイジションに関わる業務に関与しているため、デジタルマーケティング上の不正トラフィックによる悪影響を軽減するための戦略は、 カスタマー アクイジション セキュリティと呼ばれています。

サイバーセキュリティ対策は、ITチームだけでなく、様々な部署に導入することができます。カスタマー アクイジション セキュリティは、サイバーセキュリティ対策の可能性を拡大し、より多くの部署をサポートし、調和のとれた組織を作り出します。 カスタマー アクイジション セキュリティは、企業の各部署がサイバーセキュリティ対策への苦手意識を克服し、利用しやすくするために役立ちます。サイバーセキュリティ技術が持つ力を理解し、有効に利用できるようになることで、ビジネスにおける様々な取り組みをより一層最適化することができます。

カスタマー アクイジション セキュリティについての詳細や、サイバーセキュリティ技術の新規顧客獲得や市場開拓戦略への導入について、カスタマー アクイジション セキュリティの第一人者であり、サイバーセキュリティを通じて、何千社ものお客様の事業の成功をお手伝いしてきたCHEQにご相談ください。無料診断のご依頼はこちら。

原文: Cybersecurity for CMOs: Why smart organizations implement CAS