Go-to-Market 戦略に影響を与える4種類のサイバー脅威 | CHEQ

著者について:

この記事は、サイバーセキュリティブランド向けのデジタルマーケティングを専門とする大手代理店である Wadi 社の CEO であるヨエル・イスラエル氏と、サイバーセキュリティベンダーおよびインフルエンサー向けのコンテンツ共有プラットフォーム Cyfluencer 社の協力により、執筆されました。


世界中の企業が、サイバー犯罪に対する警戒を高めています。 サイバー攻撃による、不当な金銭要求や、企業が保有する各種データ・機密情報の不正取得、業務妨害、ブランド毀損は当たり前になりつつあります。 経済状況が厳しい中、多くの企業は収益を生み出す投資を優先しがちですが、今こそ最新のサイバーセキュリティシステムの導入は、収益や企業データ、ブランドイメージを保護に必要不可欠になっています。

サイバー攻撃のリスクは、企業が Go-to-Market(GTM、市場進出)戦略を実施する過程で最も高まります。 GTM 戦略はコストと時間がかかり、収益目標を達成するために不可欠であるため、GTM 戦略の失敗は、同時に企業に壊滅的な被害を与えることに直結します。GTM 戦略に悪影響を与える主なサイバーセキュリティの脅威を理解し、ビジネスのセキュリティを高め、投資を保護しましょう。

Go-to-Market 戦略とは?

Go-to-Market 戦略とは、「市場進出戦略」や「GTM 戦略」とも呼ばれ、自社の商品やサービスをどのように顧客へ届けるかをまとめた計画、戦略のことです。ブランドがターゲット顧客にリーチする方法、新しい製品やサービスを立ち上げる方法、新しい戦略やシステムを実装する方法、またはその他のビジネス目標を達成する方法について、概要をまとめたアクションプランです。

企業は GTM 戦略を通じて、段階的なプロセス、評価軸と測定方法を関係者に共有するための包括的な行動計画・時間割を作成します。

GTM 戦略を策定することには多くの利点があります。

  • 製品やサービスの市場投入までの時間の短縮
  • 内部および外部の関係者への計画や責任の明確化
  • 事業成功の確率向上
  • 追加コスト発生の防止
  • ビジネス成長のための柔軟な発想の促進
  • 戦略の変更への柔軟な対応
  • 良質な顧客体験の担保

GTM 戦略を策定することで、運用コストを削減し、事業成功の可能性の高い組織化されたシステムと構造を実現することができます。

GTM 関係部門が直面している主なサイバー攻撃の脅威

GTM 戦略は、新しい製品やサービス、システム、組織編成を実現するための貴重なフレームワークを企業に提供します。GTM 戦略にはすでに特有のリスク要因がありますが、サイバー攻撃はさらに企業に損害を与える可能性があります。サイバー犯罪からビジネスを守るため、さまざまな脅威やそれらへの対策を理解しましょう。

1.ボット

顧客体験の質を向上するために、多くの Web 開発者はボットを活用していますが、サイバー犯罪者も同じように簡単に悪意のあるボットを開発し、ビジネスに多大なる損害を与えることができます。

サイバー犯罪者は、ボットのネットワークを構築し、セキュリティシステムに負荷をかけ、Web サイト、サーバー、決済システムなどの運用を混乱させることができます。

GTM 戦略は、一般的に緻密なタイミングと運用能力の向上に依存しているため、ボット攻撃によって多きな損失を被りやすいと言えます。

たとえば、新製品を発売する場合、通常の10倍の Web トラフィックが予想されることがあります。ボット攻撃により、Web サイトのダウン、決済システムの誤動作、およびその他の技術的な問題が引き起こされると、新製品発売による売上が見込めず、ROI やビジネスの成長に大きく影響を及ぼします。

ボットの攻撃に備えるために、さまざまな種類のボット攻撃を理解し、適切に対処しましょう。

ボットによるフォーム送信

ボットによるフォーム送信とは、不正に入手した顧客情報をフォームに入力し、役に立たないデータや誤解を招くダミーデータを提供することで、企業をだまし、混乱させ、悪影響を与える目的でプログラムされます。

アカウントの乗っ取り

アカウントの乗っ取りとは、ボットを使用して、企業の銀行情報、決済情報、またはその他の情報にアクセスし、不正取引を実施することです。

DDoS(Denial of Service Atack、分散型サービス拒否)攻撃

DDoS 攻撃とは、ボットを使った不正なトラフィックで Web サイト、サーバー、およびデジタルシステムに負荷をかけ、サーバーやサイバーセキュリティのためのシステムをダウンさせることです。こうした行為は、貴重な情報に不正アクセスする目的で行われます。

2.アドフラウド

アドフラウドとは、ボットや悪意のあるソフトウェアを使用して、情報に不正アクセスしたり、企業に間違った情報を与えたり、業務を妨害したりする目的で行われるサイバー攻撃の一種です。

サイバー犯罪者は、アドフラウドにより、企業のマーケティング費用を騙し取り、業務運用を妨害することができます。こうした攻撃は、企業の時間、お金、およびその他のリソースを浪費し、GTM 戦略に悪影響を与える可能性があります。

さまざまな種類のアドフラウドを理解し、適切に対処しましょう。

広告インジェクション

広告インジェクションとは、悪意のあるソフトウェアを通じて、既存の広告を乗っ取り、自分たちで仕掛けた広告に置き換えることです。置き換えられた広告は、悪意のあるソフトウェアを拡散したり、企業の Web サイトを妨害したり、サイバー犯罪者の商品やサービスを費用を払わず宣伝したりする可能性があります。

クッキースタッフィング

クッキースタッフィングとは、アフィリエイト詐欺の一種です。 アフィリエイトマーケティングでは本来、ユーザーを企業の Web サイトに誘導してくれた広告掲載者や第三者の Web サイトへ対して、アフィリエイト広告主による報酬が支払われます。しかし、サイバー犯罪者は、広告主のために実際のユーザーを獲得していないのに、クッキースタッフィングにより、アフィリエイト報酬を不正獲得しようとします。

クリックスパム(不正クリック)

クリックスパムとは、クッキースタッフィングと同様に、サイバー犯罪者が企業から手数料を得るために、ユーザーの自覚や同意、意図なしに広告のクリックをユーザーに代わり大量に実行するアドフラウドです。

3. クライアントサイド攻撃

クライアントサイド攻撃とは、企業が悪意のあるコンテンツをダウンロードすることで、クラッカーが企業のシステムやデータに不正アクセスできるようにしてしまうことです。

クライアントサイド攻撃は、クラッカーの罠に引っかかった企業内のユーザーによって開始されます。このため、クライアントサイド攻撃を防ぐための最善の方法は、悪意のあるリンクや、ダウンロード、およびその他の有害なソフトウェアに注意するよう従業員を教育することです。

ビジネスの運用と GTM 戦略をクライアントサイド攻撃から保護するため、以下の脅威に注意しましょう。

Web スキミング

Web スキミングとは、攻撃者が悪意のあるコードを Web サイトにインジェクション(挿入)し、ユーザー情報を窃盗することです。盗み出された情報は、クラッカーが制御するサーバーに送信されます。

フォームジャッキング

フォームジャッキングとは、攻撃者が悪意のあるコードを使用して、Web サイトのフォーム機能を乗っ取り、ログイン情報や決済情報などを不正収集することです。

クロスサイトスクリプティング(XSS)

XSS 攻撃とは、攻撃者が企業の Web サイトに悪意のあるソフトウェアを挿入して、顧客情報を窃盗することです。 標的となりやすいのは、顧客がハッキングの発生を予想していない、一見安全そうな Web サイトです。

4. 消費者データのリスク

企業が適切なサイバーセキュリティ対策を導入していない場合、サイバー攻撃によるリスクはデータの損失や GTM 戦略の混乱にとどまりません。

Web サイトを利用してデータ漏洩や詐欺に遭った顧客は、運営会社への信頼を失います。 さらに、サイバー犯罪により顧客が被害を受けた場合、ビジネスに違反金の支払いが命じられたり、訴訟が課されたりすることがあります。

GTM 戦略を策定する際には、以下のリスクを認識しましょう。

ブランドの評判

詐欺やデータ漏洩の被害者になった顧客は、企業への信頼を失います。ブランドの評判への影響は何年も続き、将来の GTM 戦略に悪影響を与える可能性があります。

GDPR の違反金

日本の改正個人情報保護法でも罰則が強化されていますが、英国などの多くの政府は、データ漏洩やサイバー攻撃への対策を怠った企業に違反金を課しています。サイバー攻撃から顧客を保護できなかった場合、企業は年間収益の最大4%以上の違反金を支払わなければならない可能性があります。

GTM セキュリティによる収益の保護

サイバーセキュリティシステムへの投資は、GTM 戦略を保護するために欠かせません。

CHEQ をはじめとしたソフトウェアは、リスクを軽減することで、企業が GTM 戦略に集中できるようにするためのツールや戦略を実現しています。CHEQ の GTM セキュリティは、データを保護し、ボットをスキャンし、ユーザーの信頼性を確保し、疑わしいトラフィックのパターンをブロックします。

収益を確保するための戦略とは

顧客との関係を築き、ブランドを成長させるため、 EC での売上やデジタル機能の活用が不可欠になってきている現在、サイバーセキュリティの重要性も今までになく高まっています。サイバーセキュリティシステムへの投資は、企業のサイバー犯罪リスクを軽減し、顧客や利益率を保護するために効果的です。

GTM 戦略を開始する際、企業のサイバー攻撃リスクは最も高まるため、サイバーセキュリティにも特に注意しましょう。CHEQ をはじめとした GTM セキュリティ向けツールの導入は、あらゆる GTM 戦略を成功させるための第一歩です。CHEQ の無料診断について、今すぐご相談ください。

元の記事:Top Cyber Security Threats Affecting Go-to-Market Strategies