広告最適化向けのセキュリティ施策がビジネスの成功に不可欠な理由 | CHEQ

現代のマーケターが注目する
広告最適化の精度

世界のデジタル広告費は、2019年の3350億ドル(約43兆5500億円※1)から、2024年には6450億ドル(約83兆8500億円)になると予測されており、わずか5年の間にほぼ倍増するペースで、大規模な成長を続けています。これらの広告費の50%以上は Google と Facebook に投資されており、メディアバイヤーはこれらのプラットフォームの広告ピクセル※2を活用して、トラフィックの質を向上させようとしています。

Meta ピクセル(旧 Facebook ピクセル)や Google の P-MAX キャンペーン(パフォーマンスマックスキャンペーン)などのソリューションは、マーケティングの広告最適化に欠かせないツールとなっており、アルゴリズムの活用により、広告キャンペーンの成果を向上させるために利用されています。

広告ピクセルに送信されるデータの
最大40%は不正トラフィック

人気の高い Meta ピクセルなどの広告最適化は、広告キャンペーンの成果を最大化するために機械学習のアルゴリズムを利用しています。広告ピクセルは、ペイドマーケティング経由のトラフィックや、ダイレクトおよびオーガニックトラフィックなど、Web サイトを訪問するすべてのトラフィックを分析し、クリックやコンバージョン、商品購入などのビジネス目標を達成する可能性が最も高いユーザーを識別します。しかし実際のところ、これらのトラフィックには、ボットネット、オートメーションツール、悪意のある人間のユーザー、疑わしいデータセンター、プロキシなどの不正トラフィックが多く含められています。

CHEQ の調査によると、2021年のブラックフライデーでは、EC サイトのユーザーの3分の1がボットでした。多くの企業では、Web サイトにおける不正トラフィックの割合が40%近くとなっており、場合によっては40%以上の企業もあります。

メリットだけではない?!
歪んだデータを利用した広告ピクセルが
マーケティングへ与える影響

一般的なキャンペーンとは対照的に、「スマートキャンペーン」の本来の目的は、キャンペーンの運用を自動化し、広告の成果を最大化させることでした。しかし、ボットによる不正クリック、オートメーションツールによる偽のリード、カーディング攻撃や、不正な商品購入などのデータをもとに最適化が行われると、フィードバックループが歪んでしまいます。

その結果、広告費と収益の両方に大きな損失が生じるだけでなく、不正トラフィックが増加することで企業のリソースが浪費され、データの整合性が損なわれて、マーケティングファネルの下流にも影響が出てしまう可能性もあります。

広告ピクセルの歪みによる
不正トラフィックの拡大、予算の浪費、成長の阻害

広告最適化が不正ユーザーによるコンバージョンをデータとして利用してしまうと、同じような不正ユーザーをさらに呼び込むよう、アルゴリズムに教えることになります。このような不正シグナルが大部分を占めるようになると、モデル全体が不正ユーザーを集める方向性で最適化され、ファネルにさらに多くの不正トラフィックが流入してしまいます。これにより、リマーケティングの予算が、本物の収益につながるユーザーではなく、偽のユーザーのために浪費されてしまいます。

類似オーディエンスの汚染による
モデル全体の汚染

Web サイト上の不正トラフィックが増えると、広告のオーディエンスや類似モデルも歪み、下流への悪影響がさらに拡大し、最終的にオーディエンスの質がさらに悪化します。マーケターは気づかないうちに多くの不正トラフィックによって、オーディエンスセグメントを複雑で意味のないものにしてしまうのです。


Web サイト全体の不正トラフィックの増加による
ビジネス全体への影響

広告ピクセルがより多くの不正トラフィックを含んだデータから機械学習すると、Web サイトに流入する不正トラフィックの割合が全体的に増加します。こうなると、Go-to-Market 活動全体に被害が及んでしまいます。

直帰率、ページ滞在時間、ユニークビジター数などの主要なサイトの指標が大きく歪み、日々の広告最適化だけでなく、よりマクロな戦略決定にも支障をきたすようになります。無効なリクエストによりツールの利用費が高騰し、チャット機能に多くのスパムコメントが書き込まれ、Web サイトのリソースが浪費されてしまいます。EC サイトでは、不正トラフィックの拡大によりショッピングカートや決済システムの不正使用が急増し、B2B サイトでは、顧客管理システム(CRM)に無効なリードが溢れます。

不正ユーザーに影響されない広告の最適化を
実現するピクセルガード

IP 除外やオーディエンス除外といった機能は、不正トラフィック対策のための主要なツールとなっていますが、スマートキャンペーンにおいては機能しません。そのため、CHEQ のピクセルガードは、不正なサイト訪問者に対して広告ピクセルが適用されるのを防ぐ、デジタルマーケターにとってなくてはならないセキュリティレイヤーとなりつつあります。

ピクセルガードを利用すると、Web サイトに訪問するすべてのユーザーに対してセキュリティチェックが行われ、不正ユーザーにフラグが立てられ、不正トラフィックを含んだデータが広告ピクセルに利用されることを防ぐことができます。その結果、広告ピクセルの歪みが修正され、データがきれいになり、リマーケティングの無駄が減り、結果として、マーケティング活動の効果が大きく向上するのです。ピクセルガードの導入について、CHEQ ジャパンにご相談ください。

 

※11米ドル=130円にて換算(2023年1月現在)

※2 広告ピクセルは、Cookie を使って、あなたのサイトを訪れたビジターを追跡し、後から広告を表示するようにします。

 

元の記事:Why Securing your Advertising Pixels is Mission Critical