不正トラフィックが Go-to-Market 戦略に与える10種類の影響 | CHEQ

CHEQ Raises $150 Million, led by Tiger Global

Learn More

不正トラフィックは、あらゆる規模の企業にとって厄介な存在です。ボットや偽のユーザーがインターネット上でよく見られるようになる中で、日常業務に悪影響を及ぼす不正トラフィックは、情報セキュリティ責任者だけの問題ではないとういう認識が広がっています。

その結果、Go-to-Market 戦略ににおいては、ボットや偽のユーザーからデジタルマーケティング、営業活動、データ分析等のあらゆる業務を保護するため、サイバーセキュリティ技術の導入が進んでいます。こうした流行は、不正トラフィックによる業務プロセスの汚染や業務効率の低下から、企業の Go-to-Market 活動を保護したいという動機に基づいています。この記事では、不正トラフィックが市場参入活動に与える10種類の悪影響について説明します。

1. オーディエンスセグメント

インテントオーディエンス以外では、オーディエンスセグメントは、マーケターが理想的な顧客にアプローチする際に最も有効な方法の1つです。ところが、オーディエンスセグメントは不正トラフィックによる汚染が起こりやすく、マーケターは知らないうちにオーディエンスセグメントをボットに向けて最適化し続けたり、コンバージョンの可能性がない不正ユーザーに向けたリターゲティングをしてしまったりする可能性があります。

2. Go-to-Market 向けのマーケティングファネル

不正トラフィックが、マーケティングファネルに入り込むと、コンバージョン施策が妨害されてしまいます。不正トラフィックを適切に除外せずに、ファネルの最適化や A/B テストの実施、文言の調整等を進めてしまうと、Go-to-Market における貴重な時間や予算が無駄遣いされてしまう可能性があります。

3. Web サイト

Web サイトは、多くの場合、見込み客や訪問者がリード顧客になり、最終的には収益につながる顧客になるための主要な場所です。不正トラフィックによる Web サイト上の機能の乱用は、ボットとチャットでやり取りをしなければならない担当者の時間の無駄遣い、Web サイトのパフォーマンスの低下、Web サーバーのディスク空き容量の枯渇による SEO への悪影響等の様々な問題を引き起こしてしまう可能性があります。

4. ビジネス インテリジェンス(BI)システム

BI システムは、企業の現状把握に役立つ信頼性の高い情報源であるべきです。重要なビジネス上の意思決定は全てデータに基づいて行われるため、BI が正確で信頼できることは非常に重要です。しかし、不正トラフィックがトラフィックやコンバージョンに関する数値を歪めてしまうと、将来予測や意思決定の精度を低下させてしまう可能性があります。

5. 顧客関係管理(CRM)データベース

サードパーティのプラットフォームやプロスペクティングツール、インバウンド戦略等、市場参入の際にリード顧客を獲得するための手段に関わらず、全てのリード顧客が理想的な顧客プロファイルに適合し、収益につながる顧客へとなる仕組みがあることはビジネスに不可欠です。しかし、不正トラフィックが CRM に流入すると、この重要な目標の達成が困難になってしまうかもしれません。実際にはボットや偽のユーザーである見せかけのリードに連絡するために、 営業担当者やインサイドセールスが貴重な時間やエネルギーを無駄遣いしてしまう可能性があるからです。

6.マーケティング オートメーション(MA)

不正トラフィックがマーケティングオートメーションプラットフォーム内に存在すると、業務フローや E メールキャンペーン等の重要な戦略が汚染され、E メールの開封率等の指標が歪まされてしまいます。これらのプラットフォームの多くは連絡先ごとに価格設定されているため、企業は実際のユーザーではない見せかけのリードに数十万円を費やしてしまう可能性があります。

7. Go-to-Market 向けの Web キャンペーン

Go-to-Market で顧客を獲得するためには、予算を最大限に活用し、高品質のリード顧客を大量に獲得できるように、キャンペーンを最適化することが重要です。しかし、ボットや偽のユーザーによる度重なる広告の操作は、これらのキャンペーンを不正ユーザーに向けて最適化してしまいかねません。不正トラフィックによる予算の無駄遣いは、理想的な顧客へキャンペーンを届けることを困難にしてしまいます。

8. E コマースサイト

E コマースサイトは、多くのユーザーにサービスや商品の購買機会を提供するのに最適です。不正トラフィックが収益につながる顧客になることはありませんが、ボットや偽のユーザーは問い合わせフォームを送信したり、サービスや旅行の予約をしたりします。これらの操作はサイトに関する情報を歪め、顧客の興味を正しく理解する妨げとなります。

9.セキュリティやコンプライアンス

不正トラフィックが Go-to-Market に関わる部署のデータにアクセスしてしまうと、ビジネスは様々な潜在的な脅威にさらされます。企業情報や顧客データの漏洩は、あらゆるビジネスにとって非常に危険であり、顧客との信頼関係を壊してしまいかねません。

10. 顧客の支払い

不正トラフィックは、Web サイトにおいて数多くのクレジットカード詐欺を行おうとするかもしれません。これは、収益源として Web サイトに依存している企業に壊滅的な打撃を与えかねませんし、将来予測を歪め、数年先までの業務フローに対して深刻な打撃を与える可能性があります。

不正トラフィックは、Go-to-Market において、デジタルマーケティング、営業活動、データ分析等のあらゆる業務に影響をもたらす可能性があります。ボットや偽のユーザーによる影響から Go-to-Market 戦略を保護し、ビジネスの運営に集中できるようにするため、CHEQ Paradome の導入をご検討ください。無料診断のお申し込みはこちら。

原文:10 Ways IVT Impacts Go-to-Market Initiatives