ブラックフライデーにおける
小売業者のためのデータと予測

ボット、Web スクレイパー、偽ユーザーなどの不正トラフィックが
大型セールが開催されるブラックフライデーにおいて
ECビジネスに与える影響などをまとめた調査報告書をご紹介します。

JP_Black_FraudDay_Cover_Report

不正トラフィックによる
損失は約 300 億円*

JP_Black_FraudDay_Cover_Report

何百万件ものボットや偽ユーザーは
売上に多大な損失をもたらす可能性があります。

EC サイトの広告における不正トラフィック率、およびホリデーシーズン中の広告クリックの量や頻度を基にした分析の結果、今年のブラックフライデー期間中に不正クリックが EC サイトに与える被害は、約 300 億円に上るものとCHEQは予測しています。

* 1米ドル=149.64 円にて換算

内容を一部紹介

black-fraudday-2023-jp1024_1
black-fraudday-2023-jp1024_2

不正トラフィックが
ブラックフライデーへ
与える影響について

28 億セッションの個人訪問を調査

当社の研究チームは、2022年4月から9月の6ヶ月間にわたり、ECサイトへの28億セッションの個人訪問を調査しました。訪問セッションごとに 2000 項目以上のセキュリティチェックを実施した結果、各ユーザーの有効性判断を下すことができました。

EC サイトにおけるオーガニック及びダイレクトトラフィックの19%を占める不正トラフィックは、ブラックフライデーへどのような影響を与えるのでしょうか?

81%
19%