不正アクセスによる Google Analytics の歪みを CHEQ の GA4コネクタで防止 | CHEQ

Google Analytics は
現代のマーケティングには不可欠

データドリブンの現代社会において、マーケティングや Web サイトの分析ツール活用は拡大しています。中小企業から大企業に至るまで、分析ツールは市場進出に不可欠であり、数多くあるツールの中でも、Google Analytics は最も高いシェアを占めています。最近の調査では、世界で最も訪問者数の多い1万サイトの87%以上、米国の小売業者トップ500社のうち320社が Google Analytics を利用していることが明らかになっており、世界の分析ツール市場で82%のシェアを占めています。事実上、Google Analytics は、世界で最も利用されている分析ツールであり、デジタルマーケティングにとって必要不可欠なものとして、戦術的・戦略的な意思決定の推進をサポートしています。

気付かぬうちに忍び寄る
不正アクセスによるデータ分析や
サイトの指標の歪み

偽サイトの急速な増加に伴い、サイトのトラフィックは、ボット、クリックファーム、オートメーションツール、悪意のある人間ユーザーなどの不正アクセスによって大きく汚染されています。最近の調査では、EC サイトにおけるトラフィック全体の40%がボットに占められており、CHEQ 独自の調査でも、オーガニックとダイレクトのトラフィックだけでも27%がボットと偽ユーザーによるものであることが明らかになっています。これは Google Analytics のデータが不正アクセスによって大きく歪められており、データの信頼性が低下していることを示唆するものです。

データの歪みが
誤った意思決定を招く

主要な指標の結果が20~40%も歪めば、マーケティングにおける正確な意思決定やコンテンツの最適化が困難になります。ボットが Web サイトへ流入することによって、直帰率、ページ滞在時間、ユニークビジターなど主要な Web サイトの指標に影響を与えます。キャンペーンのクリックスルー率は不正クリックによって上昇し、Web サイトのフォームには多くの偽情報が送られてきてしまいます。そのような間違ったデータを参考に次の一手を決めた場合、本来のターゲットに正しい情報が届けられず、いつまでもいい成果を出せません。例えば、大量のトラフィックがあったために成功したと見なしたコンテンツを参考に新しいコンテンツを作成しても、トラフィックがボットによるもので、そのコンテンツが実は低パフォーマンスであることに気づかないと、マーケティングの成果は上がりません。つまり、不正アクセスの可視化は、精度の高いマーケティングを運用するために必要不可欠だといえます。クリック率の高いキャンペーンを参考にするのは、そのクリックが本物であることを前提にしています。またランディングページや顧客体験は、訪問者の位置情報やデバイスなどのデータに基づいて設計されますが、まだ多くのマーケターが、これらが偽装されたり操作されたりすることが非常に多いことに気づいていないのです。さらに年間予算計画や成長予測といったマクロな意思決定でさえ、不正アクセスの割合が高いと不正確になってしまいます。つまり、不正確なデータは、すべてを不正確にししてしまうのです。

CHEQ の GA 4コネクタで
データの歪みを修正

マーケティングファネルや、データ分析、指標に影響を与えている不正アクセスを可視化するため、CHEQはこのたび、Google Analytics 4用の初のコネクタを発表しました。これにより Google Analytics において、ボット、偽ユーザー、オートメーションツール、クリックファーム、その他の不正アクセスを可視化し、データの歪みを取り除くことが可能になりました。Google Analytics のダッシュボードに直接レイヤーを追加することで、不正アクセスが主要な指標に与える影響を簡単に理解することができます。マーケティングにおけるレポートや数値の信頼性を取り戻しましょう。GA 4コネクタの導入について今すぐご相談ください

元の記事:Preventing Fake Traffic from Skewing your Google Analytics